第43期 中期経営計画発表会

7月30日 16:00から来年度以降の会社方針を発表する「中期経営計画発表会」を実施しました。

日本通信特機は、決算月が7月となっています。そのため、中期経営計画発表会では前年度の振り返りから始まりました。前期の第42期は、超大型案件があり会社全体で大忙しの1年でしたが、過去最高の売上高・営業利益となりました。そして、好成績だった為6月には過去最大の賞与支給や決算賞与支給の従業員還元も行われました。

第43期は、前期のような大型案件の予定はありませんが、個々のスキルアップや会社全体のレベルアップを図り、2年・3年後の未来へ繋がるような地盤を固めていき、安定感を強めて行きたいとの方針が発表されました。

それに伴い、グループ会社から相談役を迎えることが発表され、今年の新入社員や来年度入社予定の新しい仲間と共により飛躍できるような方策を随時実施していくことになります。

発表会の後には、今年は新入社員2名の方のスピーチや、営業課長からの意気込みを聞いたり、短い時間のフリートークの場を設けたりしました。しばらくは難しいですが、落ち着いた時期が来たら懇親会を開催してほしいとの要望もあり、短い時間でしたがコミュニケーションを図っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

three × five =